FC2ブログ

category: 韓国・北朝鮮  1/4

スポンサーサイト

No image

中国、習主席の特使、宋氏と金正恩委員長との会談は実現するか?

現在、朝鮮半島の危機状態を脱すべく、中国の外交部長である宋氏が、中国の特使として北朝鮮を訪問しているが、その目的である金正恩委員長との会談は、実現していない。 この事実には、大きな意味がある。北朝鮮は、金正恩委員長の独裁国家で、重大事項はすべて金委員長が決定する。つまり、副委員長とどんな会談がもたれようと、それを後になって金委員長が撤回することができるということである。現時点で、北朝鮮の核開発、ミ...

北朝鮮の核、ミサイル開発も最終段階か。

No image

 米国の北朝鮮監視サイトの「38ノース}は、衛星画像の分析結果をもとに、「北朝鮮は、SLBM(潜水艦発射型弾道ミサイル)を発射することができる、潜水艦を新たに建造しているようだ」と報道した。 これが意味するところは、北朝鮮の核開発、弾道ミサイル開発が、すでに実験も最終段階を超えて、実戦配備の段階に至っていることを表している。 この事実は、国際社会、特に海で間近につながる日本にとっては、絶大な脅威となる...

極東亜アジア、東南アジアの軍事的ヘゲモニーは、中国が握ろうとしている。

No image

 極東アジア、東南アジアの軍事的ヘゲモニーは、中国が握ろうとしているのは確かで、その「尖兵」となっているのが、北朝鮮である。中国が北朝鮮に対して、経済交流という形で経済を支援しているわけだが、これについて米国のトランプ政権が、「更なる経済制裁の強化」を要請しても、中国の政権内部に勢力を占める「北朝鮮容認派」が、米国の要請を拒んでいるのであろう。 つまり、中国は北朝鮮を利用する形で、韓国を事実上、恫...

北朝鮮は、米国が設定するレッドラインを越えた。

No image

 米国が北朝鮮問題の対応で設定したレッドライン「米国本土に到達するICBMを保有させない」を越えても尚、従来の主張である「更なる経済制裁の強化」を繰り返すトランプ政権の愚かさが、ここにきて際立っている。中国に期待したはずの「経済制裁」についても、当の中国が一切受け付けていない。つまり、トランプ大統領の要請を受け入れていないのである。 今回の中ロ首脳会談では、表面上は北朝鮮の弾道ミサイルの発射について、...

北朝鮮は、米国が設定するレッドラインを越えた。

No image

 米国が北朝鮮問題の対応で設定したレッドライン「米国本土に到達するICBMを保有させない」を越えても尚、従来の主張である「更なる経済制裁の強化」を繰り返すトランプ政権の愚かさが、ここにきて際立っている。中国に期待したはずの「経済制裁」についても、当の中国が一切受け付けていない。つまり、トランプ大統領の要請を受け入れていないのである。 今回の中ロ首脳会談では、表面上は北朝鮮の弾道ミサイルの発射について、...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。